■お役立ちメニュー:立地条件は霊園選びで大切

残念なことですが、大切な霊園の管理を怠っているあまり信頼の出来ない霊園も中にはありません。
さらに経営不振に陥ってしまい、倒産をしてしまう霊園もあるのでしっかりと事前調査をしておくようにしてください。 当たり前のことですが山頂の墓地や坂道が多くなっている墓地は訪れにくいものです。
墓地の地形はもちろんのこと、日当たりや気候環境、さらには周辺の環境調査も必要となります。
墓地選びにおきましての重要なポイントとしまして立地条件は欠かすことが出来ません。
お参りを継続していくことがお墓を建てる本来の目的とも言えるのですから、お参りが苦になるような霊園は避けるべきです。

 

墓地の管理状態などを実際に購入する前には必ず確認をしておくようにしてください。
緑地の手入れ具合、そして歩道の整備、トイレや給水施設などの共有部分のチェックは怠らないようにしましょう。



■お役立ちメニュー:立地条件は霊園選びで大切ブログ:24 9 17

わしがたしか4、5歳の頃。
お守り袋の中に何が入っているのか気になってしかたなく、
こっそり開けてみたことがある。

結局、中身が何だったのか、
今となってははっきり想い出せないが、
何か小さな、金色の仏様のようなものが入っていたような…気もする。

ともかく、
その後しばらく「お守り作り」が「マイブーム」となり、
紙で作った袋の中に金色の折り紙で折った小さな兜を入れて、
「お守り」だと言って、わしは家族に「プレゼント」していた。

それから10年以上の時が経ち、
わしは高校生になった。

当然、昔、
幼かったわしが自己満足で作ったお守りのことなど
記憶の彼方に消えていた。

…が、ある日、母から、
これを覚えているかと、
ホッチキスでグチャグチャになった紙きれを見せられた。

お父さんは「これを持っていると事故に遭わない」とか言って、
その「自称お守り」をずっと財布に入れ続けているという。

お父さんの性格からして、
単に財布に入れっ放しだったということも考えられるが、
それを差し引いても、
高校生の私に何やらジワ〜っと感じ入るところがあった。

しかし、
お父さんには自分が少々感激してしまったことはもちろん、
お守りの存在を知ったことすら言わなかった。

お父さんと会話が出来なかったわけではない。
ただただ、思いも寄らなかっただけである。

更にまた時は過ぎ、お父さんは他界した。
最後の財布の中には、お守りもどきは無くなっていた。

結局、
お父さんとはお守りがどうこう…という話はしないままだった。
でも、わしはそれで良かったとも思う。

お守り袋の中身同様、大切なものは、
その存在の手触りを時々確認できるくらいで良い…と
わしは思う。

ニンニン