■お役立ちメニュー:自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう

生前墓として事前に霊園を買っておく人が多いですが、基本的には公営の霊園では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院の霊園を利用する必要があるのです。 希望の地域の目安を決めて、おおよそどこの地域にお墓を求めたいのかを決めておきましょう。
「遠くても○○くらいの距離まで」というアバウトな考え方で良いかと思います。
宗教ですが、決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切です。
霊園や墓地によりましては、宗教制限がされているケースがあり、寺院墓地の場合にはお寺の檀家のための墓地となり、檀家になることが前提となっていることが多くあります。

 

予算の上限を予め決めておくことは非常に大切なので、しっかりと確認をしておきましょう。
とにかく「これ以上は霊園やお墓に費用を出すことが出来ない」という支払いの上限を決めて霊園探しを行いましょう。



■お役立ちメニュー:自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょうブログ:23 9 17

1週間前久しぶりに、
僕はミートソースを手作りで作りました。

人参も、玉ねぎも、ピーマンも…
全ての野菜をみじん切りにするんですよね。

みじん切りをしていると、
僕はいつも思い出す出来事があります。

それは、小学校の低学年の時の事です。

僕が一人で、
家族の夕飯の支度をした
初めての事だったのではないかと思います。

学校で調理実習をやってご機嫌だったんですよね。
嬉しくなった僕は、
お母さんに夕飯は僕が一人で作るって言って
台所に立ったんです。

ところで!
みじん切りって、
あらゆる切り方の中で一番手間がかかりますよね?

そうです。
ろくに家事などやったこのないお子さんが、
玉ねぎのみじん切りをしているところを想像してください…
当然僕は、長時間、まな板の上で野菜たちと格闘していたのです!

学校で教えてくれる「みじん切り」って
短冊状に切って、それを細長く千切りにして、
さらに、細かく切っていきますよね…

かなり時間がたってからお母さんが台所に現れ、
「まだ切ってたの」と苦笑い。

そして、短冊状ではなく、
斜めの細い輪切りにしてから、
千切りにして細かくしていきました。

その後が
当時の僕には感動的だったんですよね。

みじん切りにするときに、
包丁の先をまな板に固定して、
ざくざくと細かくしていく作業ありますよね。
お母さんはそれをやったのです!

お子さんながらに、お〜すごい!!
と思いました。

今思えばどうってことないことなのですが、
そんなこと知らない僕は先生が教えてくれるままに、
一回一回切っていたのですから…

こうして、新しい技術を手に入れた僕は、
正味二時間くらいかかったでしょうか、
それでも、なんとかミートソースが出来上がりました。