■お役立ちメニュー:霊園選びで失敗をしないために


■お役立ちメニュー:霊園選びで失敗をしないためにブログ:13 3 15


古代の日本人は
午前中の食事に重点を置いたために、
午前中食こそしっかり食べねばならないと
思い込んでいる人々は結構多い。

特に農家や農家出身の女性たちが
嫁になっている家庭では、
午前中から大量のおかずが並んでいる食事をしているものだ。

午前中から大量の食事を食べる習慣がある人は、
午前中にきちんと食事を取らないと、
その日1日、力が入らないとか言い出すので、
午前中食を控えさせることができない…

どうしても午前中食を大量に食べるのなら、
早起きをし、午前中飯前のひと仕事をして、
午前中の排便をしっかりとして、
それから午前中食を食べるようにするべきだ。

午前中食を大量に食べた以上、
13時食を軽くし、夕食を重くすればいい。

大体、農家の食事を見ても、
13時食は軽めの食事になっているものだ。

その分、
夕食には手間暇をかけて
美味しい料理を出して来るものだ。

もし午前中食を大量に食べたのに、
13時食も夕食も大量に食べていたら、
内臓は疲労しきってしまい、
途端に病気を発症しやすくなる。

午前中食を大量に食べる習慣のある母親は、
お子様が起床して、
すぐに午前中食を食べさせないようにするべきだ。

お子様は起床してから、
身体を動かして、排便をさせた上で、
午前中食を食べさせた方が良い。

午前中食を大量に食べる習慣があると、
肝臓がグリコーゲンを放出する機会を失ってしまうので、
おやつを抜きにして、お子様に空腹を味あわせることも重要。

空腹になると
肝臓からグリコ−ゲンが放出されるようになるので、
肝臓の機能が活性化し、病気に罹りにくい身体になる。

午前中食を大量に食べる食習慣があると、
お子様が病気をするより、
その家の父母が病気に罹る危険性の方が高くなってくるので、
たまには午前中食をやめることで、
内臓を休ます必要性があるのだ。